泉ヶ丘病院
  • 外来
  • 入院
TEL0770-22-7700

鼠径ヘルニア外来

ホーム 泉ヶ丘病院 鼠径ヘルニア外来

鼠径ヘルニアについて

鼠径ヘルニアとは?

鼠径ヘルニアとは、太ももの付け根にある鼠径管の出口から、腸管や他の腹部臓器の一部が腹膜ごと突出した状態のことをいい、鼠径部(恥骨の上)または陰嚢内に膨らみができます。大きさはそら豆大~小児の頭の大きさとさまざまです。この膨らみは、立っているときに大きくなり、横になっていると小さくなることが多いです。

男性に多くみられます。 ヘルニアが生じてきている部位に応じて、直接型ヘルニアと間接型ヘルニアの2種類に分けられ、出生時から存在している場合もあれば、後天的にできる場合もあります。ときに腸管の一部がはまりこみ戻らなくなることがあります(嵌頓)。この場合、腸管が壊死してしまう危険があるため、緊急で手術が必要です。

ヘルニア

ヘルニア

治療法

鼠径ヘルニアは手術をしないと治りません。薬を飲んだり、筋肉を鍛えるトレーニングをしたりしても膨らみがなくなることはありません。ただし膨らんでいても痛みがない場合や、膨らみ自体が気にならない場合などは、手術をせずに様子をみることも可能です(嵌頓しないように気を付けましょう)。 嵌頓したヘルニアの場合は、緊急手術が必要です。

手術方法について

いろいろな手術の種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

  1. 鼠径管を腹壁の筋肉や筋膜で補強する方法
    ・・・ 若年者に向きます。
  2. 人工の補強材を用いる方法
    ・・・ もっとも一般的です。いろいろな人工補強材があります。
  3. 腹腔鏡で行う方法
    ・・・ 全身麻酔をかけ、おなかの中から人工の補強材を貼り付けます。

当院での治療について

当院では、2.人工の補強材を用いる方法を行っています。基本的にはクーゲルパッチを用いたクーゲル法を行いますが、内服薬の状況(抗凝固剤など)やお身体の状態により、メッシュプラグ法を選択することもあります。
麻酔は下半身麻酔です。下半身だけの麻酔ですので、手術中の音が気になる方などは点滴で寝て頂くことも可能です。

クーゲルパッチクーゲルパッチ
(株式会社メディコン)

メッシュプラグメッシュプラグ
(株式会社メディコン)

スケジュール

  • ご都合のよい日に外来診察に来て頂きます。診察、各種検査ののち、手術日を決定します。
  • 手術の前日に入院して頂きます。
  • 手術日
  • 手術翌日から歩いたり、食事を摂って頂いたりすることができます。手術翌日以降、痛みや出血、その他の症状がなければ退院可能です。(標準入院期間:3~5日間程度)
  • 退院後1か月程度で外来診察に来て頂きます(退院時に予約票をお渡しします)。 退院後は1週間ほどで元どおりの生活(仕事、家事、散歩など)ができるようになりますが、腹部に力が加わるような動作(力仕事、激しい運動、便秘のいきみ等)は最低でも2~3週間程度は避けたほうが良いでしょう。

※分からないことや相談したいこと、手術のご希望などがございましたら、お気軽にお問合せください。